他人名義のクレカではクレジットカード現金化は利用出来ない

クレジットカード現金化を行う時に、他人名義のクレカで利用出来るのでしょうか。
他人名義のクレカのショッピング枠を使うと何か問題になるのでしょうか。
クレカ現金化を利用する事は、カード会社の約款が深く絡んできます。

他人名義のクレカを使う危険性

クレカ現金化だけでなく、普段ショッピング枠で物を購入する時も、他人名義のクレカを使うと問題があります。
カード会社の約款には、契約した個人・法人が第三者にカードを貸与したり、預託や譲渡や担保提供をしたりするのを禁じています。
これを破った者に対しては、カード利用の停止と契約解除のペナルティが課されます。
カード会社は、個人や法人を審査を通じて信用してクレカを発行している為、全く関係の無い第三者が利用する事を許可していません。
カードの利用が停止されないようにするには、必ずカード会社が定めた約款を守るようにする事が大切です。

クレジットカード現金化は他人名義のクレカを使えない

カード会社の約款で他人名義のカードの使用が禁止されている以上、クレカ現金化では他人名義のクレカを使えません。
なぜなら、クレジットカード現金化 大手は、クレジットカードのショッピング枠で業者指定の商品を買う必要があるので、他人名義のカードでは買えないからです。
クレカ現金化を利用する際には、自分名義のクレカを事前に用意する事が大切です。
カード会社の約款を守りながら、利用するようにすると、カード会社とのトラブルを回避する事が出来ます。
着実に現金化を行う為にも、他人名義のカードは使わないようにすると良いです。

他人名義のカードでクレジットカード現金化を利用した時のペナルティ

他人名義のカードでクレカ現金化を利用した時のペナルティには、どのようなものがあるのでしょうか。
ペナルティは、カード会社によって行われます。
規約違反に対するペナルティとしては、カード利用の停止・会員登録の解除・利用金額の一括請求が主です。
特に、他人名義のカード利用には、利用金額の一括請求がある事に注意しなければいけません。
クレカのショッピング枠を使って買い物をするという事は、一時的にカード会社が利用金額の負担をする事になります。
契約していない第三者がカード会社が発行するカードで買い物をした場合、権利が無い者が買い物をした事になり、カード会社に対して詐欺的な行為をした事になってしまいます。
その為、利用金額の一括請求というかなり厳しいペナルティが用意されています。

クレジットカード現金化は必ず自分名義のクレカを使う事が大切

クレカ現金化は、カード会社とカードのユーザーの信用が第一に成り立っている現金化方法です。
カード会社の信頼が無い状態で、クレカを所有する事は出来ず、クレカのショッピング枠を使うのが必須であるクレカ現金化を利用する事が出来ません。
自分名義のクレカがあるという事は、カード会社の厳しい審査を通過して信頼を得たという証です。
クレカ現金化も、クレカを所有しているという信用があるからサービスを提供しているわけであるので、他人名義のクレカを使わないようにしなければいけません。

まとめ

クレカ現金化は、現金を調達する手段としてポピュラーになってきました。
しかし、このサービスを利用するにはクレカが必要となってきます。
自分名義のクレカであれば、クレカ現金化業者に対しても信用を得られますが、他人名義のカードを利用した場合には、カード会社との間でトラブルが発生し、カード利用停止や利用金額の一括請求など厳しいペナルティがあるので注意しなければいけません。